任意売却の具体的なメリットを見ていこう

任意売却の具体的なメリットを見ていこう

何らかの事情で住宅ローンの返済が困難になった場合、その状態を放置していると債権者の申し立てによって競売が開始され、自宅を強制処分されてしまいます。
しかし任意売却という手法を使えば、これを回避することができます。
競売と比べた場合、任意売却には次のようなメリットがあります。
まずはスケジュールの柔軟性です。
競売にあっては、売却にかかるスケジュールは裁判所が一方的に決定し、物件所有者はそれに従うほかはないため、自らの意思を反映させることはできません。
一方、任意売却であれば債権者の同意が得られればスケジュールにある程度の融通が利くので、引っ越しの予定なども余裕をもって立てることができます。
また、競売では所有者が売却する相手を選ぶことができませんが、任意売却では一定の範囲内で選択の余地があります。
そのため、売却後に今度は買主から住宅を賃借することで同じ家に住み続けるなどの交渉を行うことも可能です。
さらに、売却価格についても、一般的には競売より高くなる傾向にあります。
当然、高く売れた方がローンの残債を圧縮するのに役立ちます。

任意売却にもデメリットがあるので注意しよう

任意売却は、競売と比べて高く売れる可能性が高いとともに、通常の不動産売却と同じ流れで進められるので近隣の方にローンの滞納が露呈しにくいというメリットがあります。
一方で、競売と比べると手続きに手間がかかるというデメリットがあります。
競売では裁判所の主導によって手続きが進められますが、任意売却では自分主導で手続きを進めていかなければなりません。
また、依頼する不動産会社選びが難しいという側面もあります。
任意売却が成功するか否かは、依頼する不動産会社の力量によるところが大きいため、不動産会社選びは慎重に行う必要があります。
加えて、高額な手数料を請求される、自分たちに都合が良いことしか説明してくれないといった悪徳な業者も一定数存在するので注意が必要です。
さらに、任意売却は、競売の開札日前日までに手続きをすべて完了させる必要があるため、仮に買主が見つかったとしても、買主が融資の手続きなどに手間取ると期限内に手続きが完了しない恐れがあります。
開札日の1か月ほど前までに買主が見つからない場合は、競売に移行する可能性が高まるので、この点についても十分に理解しておくことが大切です。

任意売却に関する情報サイト
任意売却のよくある疑問

当サイトは誰にでも可能性がある任意売却についての様々な情報をご紹介しています。
いざという時のために知っておきたい、よくある疑問を徹底解説しているのでぜひ参考にしてみてください。
ローンの滞納をしていたり、住宅ローンの残高が多い場合でも売却できるこの方法で住宅を手放す際の具体的なメリットも解説しています。
またこの方法で売却ができないケースはどんな場合なのか、という多くの人から関心を寄せられる問いにもお答えしています。

Search